カウンター
プロフィール

私

Author:私
ツナマヨおにぎりは10~15秒ほど温めて食べる人です。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

趣味でTCGをやっている者のブログ


--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/21 22:30

【TCG】STAR WARS Trading Card Battle

久方振りの更新です。

最後が昨年9月末らしいので、5ヶ月ほど放置していたんですね(笑)
確認した際、変な広告とか表示されていて笑いました。

内容もやっぱりバディではないです。
バディはお休み。合掌。

では、何をやっているかというと、最近はこれです。SW。
意外としっかりしており、面白かったので適当に感想や1弾のレビューなど書き連ねていきたいと思います。まずは長短ですね。



○長所
① 運が殆ど絡まない
② ①と被りますが、理想の盤面展開がまず確実に実現する
③ デッキタイプが豊富
④ ルールが簡単

まず、ドロー・サーチ効果が豊富で運の要素がほぼありません。フォースチェックというトップチェックの処理が入ることがありますが、基本的に大勢に影響することはないです。あとは本当にドローだけですね。40~60枚というデッキ構成で、初手も実質10枚あります。

これに基因して、理想とする展開の実現がかなりし易いゲームです。雑兵も猛者もどんどんサーチしていきます。原作再現などは容易で、ファンアイテムとしてもかなり優秀だと思います。

また、まだ1弾しか発売していませんが、ライトサイド・ダークサイド共に3種類ほどのデザイナーズテーマが用意されています。

主観ではルールも簡単です。Q&Aもなかなか充実しています。



●短所
① 売っていない
② 紙質が悪い
③ 誤植が多い
④ 構築段階で、勝敗がほぼ確定する

運が絡まないということは、反面、弱いカードばかりでは勝てない。デッキパワーが勝敗に直結するということです。例えば、構築済み同士では勝負になっても、構築済みデッキで、ブースター収録のカードが一定以上含まれるデッキには絶対に勝てません。「これを引けば勝てる」というようなカードや、そういった場面は皆無だと思います。

あとは、売ってません(笑)
特に、シングルカードの取扱いというのがほぼ無いですね。

そして、紙質はあまりよくないです。特に裏面は指紋が際立ち簡単に汚れます。初期傷も体感的に多かったですね。

誤植も多いです。ただ、こちらは最近のエラッタで克服した・・・ようなしていないような。



総じて、システム・カードデザインに不満はありませんね。楽しんでいますから、細く長く続いてもらえたらと思います。ルール整備にはまだ難ありな感も否めませんが、現状バランスも良く、スピンオフの展開も盛んでポテンシャルは十分だと思うのですよね。

以下、1弾URのレビュー。



若きパダワン、オビ=ワン・ケノービ
Lv3のライトセーバー持ちで、そこに価値を見出だせなければ正直微妙です。

聡明な師、クワイ=ガン・ジン
構築済み収録の方が強いです。イラストは○ 個人的には通常版イラストの方が好きですね。

新たなる希望、ルーク・スカイウォーカー
戦闘力修正が本命で、ドローはおまけ。後者は防御を強要するためについているようなもので、実際はドローさせてもらえません。
2000の修正だけでも十分異常です。

カーリスト・ライカン将軍
逆襲ルートの構築では必須かもしれませんが、このゲームを買う人間がそれを構築するのかという疑問はあります。

ミレニアム・ファルコン
宇宙最速のガラクタ。らしいですが、ゲーム的には遅い(重い)です。
今弾最強のユニットカード。
Lv4のユニットとしては低い戦闘力ですが、それを補って余りある凶悪な効果と、異常な質と量を誇るサポートカード群。

鬼神ダースモール
ベイダー卿を抑え、今弾最強のシスとして君臨。どんな効果よりも戦闘力5000に価値があるという結論に。
下半身とサヨナラしてからの方が強いと聞いたので、今後収録してもらえませんかね。

ジャンゴ・フェット
微妙。というか弱い。せめて消耗効果であったらなと思いました。
ベイダー卿と違い、逃亡で再利用というのもあまり美味しいとは感じません。

破滅をもたらす者、ベイダー卿
戦闘力、効果共に微妙ですが、旗艦から召喚された場合の強さは本物。
ただ、こんなものでは到底満足できないので次弾に期待。是非とも、暗黒面の素晴らしさを体現していただきたい。

グランドモフ・ターキン
なんというか、弱い。
このゲーム、ドロー効果はさほど重要でもなく、メインであるストーリー伏せの方はデメリットが大きいという。

デヴァステーター
モッティ提督で引っ張ってこれないのが残念でなりませんね。効果は非常に優秀で、ベイダー卿の強化が相乗的にこのカードの価値を高めてくれるのも○





暫くは、SR、R...と大雑把にレビューしていきデッキリストなども掲載しようと考えています。
以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
【TCG】STAR WARS Trading Card Battle ② | ホーム | 【大会】15.9.30(Wed.)
Comment


Trackback
この記事のトラックバックURL
http://fcbf.blog.fc2.com/tb.php/302-81bb20e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。