FC2ブログ
カウンター
プロフィール

私

Author:私
ツナマヨおにぎりは10~15秒ほど温めて食べる人です。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

趣味でTCGをやっている者のブログ


2016/01/28 22:30

【SW】PRカード

まあ、ヨーダとR-2なんですが、残念ながら入手できなかったのですよね。



年明けにザらスに行ったところ、「3日(前々日)で終了しました。」と言われ、コンビニではそもそも売っていた残り香もしない。
R-2は仕様がないにしても、ヨーダは公式ページに「無くなり次第終了」と告知されていたのを見て、完全に油断していました。
どちらも構築には必要ないというのがせめてもの救いですが・・・

再録はないにしても、どこかでまた再配布の機会はないかと淡い期待を抱いて日々悶々としています。
スポンサーサイト



2016/01/27 21:30

【SW】LIGHT/ファントム・メナス

個人的には、このファントム・メナスのルートが一番安定して高い位置にいると考えています。



ストーリー/(LIGHT)単
Lv1 ファントム・メナス
Lv2 帝国の逆襲
Lv3 ファントム・メナス
Lv4 ファントム・メナス
Lv5 ファントム・メナス

キャラ 26
エコー基地ガンナー 1
BB-8 1
C-3PO 2
シミ・スカイウォーカー 2
運命の子、アナキン・スカイウォーカー 2
反乱軍の密使、R2-D2 3
パドメ・アミダラ 3
CC-2224 コーディ 1
パナカ隊長 1
ジェダイ・マスター、ヨーダ 2
オビ=ワン・ケノービ 2
クワイ=ガン・ジン 3
メイス・ウィンドウ 3

メカニック 0

イベント 14
強いフォースを感じる 2
ゲートを閉めろ 3
DF.9対歩兵砲台 3
精神統一 3
ジェダイ評議会 1
両断 2





ジェダイ評議会などが採用されていることからも分かるように、自由度の高さが大きな特徴ですね。
そして、安定性も抜群で、序盤からの展開力もあり、息切れもなく、着地点も強い。
2016/01/26 22:30

【SW】LIGHT/新たなる希望

ファルコンはまさに無双ですが、デッキとしては実は欠陥も多いため、それほど強くなかったりもします。
まあ、構築が悪いのかもしれませんが。



ストーリー/単
Lv1 ファントム・メナス
Lv2 新たなる希望
Lv3 新たなる希望
Lv4 新たなる希望
Lv5 新たなる希望

キャラ 22
1 反乱軍パイロット 3
1 C-3PO 1
1 シミ・スカイウォーカー 2
2 運命の子、アナキン・スカイウォーカー 1
2 ブラボー中隊パイロット 3
2 R2-D2 1
3 レイ 3
3 ゴールド中隊長、ランド・カルリジアン 3
4 チューバッカ 2
4 新たなる希望、ルーク・スカイウォーカー 1
4 帰ってきたハン・ソロ 1
5 メイス・ウィンドウ 1

メカニック 13
2 ブラボー中隊スターファイター 3
2 Yウイング 3
3 Xウイング 3
4 レッド5 2
4 ミレニアム・ファルコン 2

イベント 6
1 ゲートを閉めろ2
3 予期せぬ援軍 3
5 両断 1
2016/01/25 22:30

【TCG】STAR WARS Trading Card Battle ③

1彈Rレビュー。
主観で一部省いているものもありますが、大体優秀です。他のタイトルであれば「これでRなの?」というものも多いです。



運命の子、アナキン・スカイウォーカー
流石に凶悪。1ターン目にファントム・メナスLv1効果でシミ→アナキン+C-3が確定しているため、現状のライトサイドのLv1はファントム・メナスが定石ですね。
0ターン目から、既に3枚分のアドバンテージを確保しているゲームなどそうそうありませんよ・・・

パドメ・アミダラ
これも凶悪。
自身の効果で自身を引っ張ってこれますから、引いた時点で4枚分のブロッカーが担保されます。
更に、Lv3以降は攻撃後に張り直すことで、擬似的に待機ブロッカーになります。
異常です。
果ては、歩兵砲台込みで戦闘力3500まで相討ち可能でもあり、現状戦闘力3500以下のキャラは等しく“雑魚”という大原則を生み出した元凶。

ジェダイ評議会
先日も触れましたが、このゲーム、ドローソースは無くても良いんですね。不確実な要素が絡む点もマイナス。
枠取りが難しいようならば不採用で良い類いの札。

ヌート・ガンレイ
シミを見た後ではとても残念に見えますね。
しかし、バトルドロイド自体は構築次第では何枚あっても困らないものですので、そのあたり上手く差別化されているのでしょうか。終盤で引いたとしても、まず手札で腐りはしませんよね。
問題は、どこからどこまでが“バトルドロイド”か不透明な点・・・
ドロイディカもバトルドロイドですよね?

シスの策謀
評議会に同じ。単に圧縮なら姑息もありですし、やはり微妙。

スレーヴⅠ
ボバでも専用機のセットが成立するんですよ。

CC-2224 コーディ
攻防一体の効果で、序盤の展開力の甘い相手には活躍が期待できますね。
パドメで拾えるため1枚くらいは仕込んでおいても良いと思います。

メイス・ウィンドウ
戦闘力5000+ライトセーバー、最強!
直後に議長室からダイブすることになろうとは・・・(笑)

グリーヴァス将軍
恐ろしく弱いですね。
カードデザインも何というか適当。4本だからダメージ4!などということであれば、まだ理解の仕様もありました。
掃除が大変だ。

レイア・オーガナ
女性カードは強い法則。
ただ、ベンが今のところ行方不明でそれ次第という感も。現状、ルーク以外の選択肢が無いので。

予期せぬ援軍
強力が故、当然アンユニークアイコンはありませんが、相手のターンにも使用可能で本当に何のデメリットも無いです。

フォース・グリップ
この性能ならば、フォースチェックはいらなかったのでは?
効果の増減ではなく、成否に関わってしまうフォースチェックは、安定動作性の高いこのゲームで浮いているんですよね・・・

ブライトホープ
効果自体が面白く、且つアクバー提督で引っ張ってこれるのは良いと思います。
このゲームの特徴であるストーリーカードに関連する効果で、今後の期待値も高いです。

ゴールド中隊長、ランド・カルリジアン
ファルコンの座席は、ランドで確実に一つ埋まります。そんな札です。

帰ってきたハン・ソロ
希望Lv3効果の恩恵により、「手札消費無しでフルパワー状態でファルコンを呼び戻すよ」と書いてありますね。
ファルコンの優秀なサポートカード群の中でも、常軌を逸した効果ですよ。
EP8で再登場するとかしないとか。不死身ですね(笑)

キャプテン・ファズマ
何故か“女性”を置き忘れてきてしまったカード。
まあ、外見で女性とは分かりませんよね(笑)
ダークサイドのLv3帯という括りであれば、上官のレンより優秀です。最速で4ターンスキップして飛び出すため、立ちあがりに不安を抱えるダークサイドでは、割に重宝します。



このゲーム、レアリティ=カードの強弱ではなく、キャラクターの人気や物語上の活躍でレアリティが決定していますよね。
2016/01/22 23:00

【TCG】STAR WARS Trading Card Battle ②

1弾SRレビュー。
昨日書き忘れましたが、このゲーム、フレーバーの単語を参照する効果が多いんですね。
もはやフレーバーの域を逸しているという(笑)
フレーバー参照のTCGなど、初めて触れたかもしれません。



ジェダイ・マスター、ヨーダ
あくまでもサポートカードで、多くは採用したくないというところで、ファントム・メナスLv3効果に対応しているのは○
マスター、今弾はサポートカードばかりでしたから、今後戦闘特化型が欲しいですね。

両断
意外と手札で持て余してしまう類いの札。
希望ルークも真っ二つ。

世の理を覆す者、シディアス
良いですね。状況にあわせて、また少数採用のイベントを確実に引き込めるため優秀です。
ただ、序盤を過ぎると前列に立てづらいという欠点も。
小さな緑の友人共々、本気モードの収録が待ち遠しいです。

秩序の排斥
グリップと併せて、キャラを徹底的に破壊していこうという姿勢、素晴らしいです。
ダークサイドの長所の大部分が集約されているカードだと感じます。

ドゥークー伯爵
単騎の場合本気を出すという、このゲーム的には少し使いづらい効果。

C-3PO
遅くとも2ターン目に現れ、手札をどんどん濃くしていきます。剥き出し状態と違い、デッキは減らさない点も○

反乱軍の密使、R2-D2
一言、効果がおかしい。
今後上位効果を持ったカードが多少増えたところで、採用枚数は減らないでしょうね。C-3共々、1弾で完成している感が・・・

ハン・ソロ
この効果が、自身以外の搭乗時でも起動するのかが謎。
まあ、ハンは覚醒版の方が優秀ですね。

モッティ提督
グリップといい、謎のモッティ押し。このゲームのこういうところが好きです。
効果も割りと本気で、4ターン目に4500のユニットを用意するか、横に並べるか選べます。

ジャバ・ザ・ハット
何故か自分のターン限定。配下の者を自ら死地に送り込むことで真価を発揮するという(笑)
ライトセーバー回避の能力といい、いまいちちぐはぐな感があります。

レイ
割りと原作再現されていますね。例に漏れず。
効果も優秀。
このキャラクターも、私は割に好きですよ。

カイロ・レン
15倍の暴騰を見せた謎カード。性能的にはそれほどでもないので、キャラクターの人気故でしょうか。
劇場で観賞した際、「今回のシス、弱いね」といった会話を耳にしましたが、彼はシスではないですよね・・・?
ダークジェダイ?
Lv3最高峰の戦闘力と、ライトセーバーによる強制交戦能力で、URオビと双璧をなすユニットですね。一番のポイントは爆発力で、Lv3ながら上級ユニットとも渡り合う可能性を秘めています。憎悪を構えながら戦闘すれば、なかなか良い働きをしてくれるかもしれませんね。惜しむらくは、効果の発動が自ターン限定であること。
むらっ気があるのも劇中通り。しかし、劇中での戦闘力はイラストのシーンがピークな気がしますが、次弾の以降どうなってしまうのですかね・・・





URは、尖ったものが多い印象ですが、SRはさすがに丸いカードが多いですね。
2016/01/21 22:30

【TCG】STAR WARS Trading Card Battle

久方振りの更新です。

最後が昨年9月末らしいので、5ヶ月ほど放置していたんですね(笑)
確認した際、変な広告とか表示されていて笑いました。

内容もやっぱりバディではないです。
バディはお休み。合掌。

では、何をやっているかというと、最近はこれです。SW。
意外としっかりしており、面白かったので適当に感想や1弾のレビューなど書き連ねていきたいと思います。まずは長短ですね。



○長所
① 運が殆ど絡まない
② ①と被りますが、理想の盤面展開がまず確実に実現する
③ デッキタイプが豊富
④ ルールが簡単

まず、ドロー・サーチ効果が豊富で運の要素がほぼありません。フォースチェックというトップチェックの処理が入ることがありますが、基本的に大勢に影響することはないです。あとは本当にドローだけですね。40~60枚というデッキ構成で、初手も実質10枚あります。

これに基因して、理想とする展開の実現がかなりし易いゲームです。雑兵も猛者もどんどんサーチしていきます。原作再現などは容易で、ファンアイテムとしてもかなり優秀だと思います。

また、まだ1弾しか発売していませんが、ライトサイド・ダークサイド共に3種類ほどのデザイナーズテーマが用意されています。

主観ではルールも簡単です。Q&Aもなかなか充実しています。



●短所
① 売っていない
② 紙質が悪い
③ 誤植が多い
④ 構築段階で、勝敗がほぼ確定する

運が絡まないということは、反面、弱いカードばかりでは勝てない。デッキパワーが勝敗に直結するということです。例えば、構築済み同士では勝負になっても、構築済みデッキで、ブースター収録のカードが一定以上含まれるデッキには絶対に勝てません。「これを引けば勝てる」というようなカードや、そういった場面は皆無だと思います。

あとは、売ってません(笑)
特に、シングルカードの取扱いというのがほぼ無いですね。

そして、紙質はあまりよくないです。特に裏面は指紋が際立ち簡単に汚れます。初期傷も体感的に多かったですね。

誤植も多いです。ただ、こちらは最近のエラッタで克服した・・・ようなしていないような。



総じて、システム・カードデザインに不満はありませんね。楽しんでいますから、細く長く続いてもらえたらと思います。ルール整備にはまだ難ありな感も否めませんが、現状バランスも良く、スピンオフの展開も盛んでポテンシャルは十分だと思うのですよね。

以下、1弾URのレビュー。



若きパダワン、オビ=ワン・ケノービ
Lv3のライトセーバー持ちで、そこに価値を見出だせなければ正直微妙です。

聡明な師、クワイ=ガン・ジン
構築済み収録の方が強いです。イラストは○ 個人的には通常版イラストの方が好きですね。

新たなる希望、ルーク・スカイウォーカー
戦闘力修正が本命で、ドローはおまけ。後者は防御を強要するためについているようなもので、実際はドローさせてもらえません。
2000の修正だけでも十分異常です。

カーリスト・ライカン将軍
逆襲ルートの構築では必須かもしれませんが、このゲームを買う人間がそれを構築するのかという疑問はあります。

ミレニアム・ファルコン
宇宙最速のガラクタ。らしいですが、ゲーム的には遅い(重い)です。
今弾最強のユニットカード。
Lv4のユニットとしては低い戦闘力ですが、それを補って余りある凶悪な効果と、異常な質と量を誇るサポートカード群。

鬼神ダースモール
ベイダー卿を抑え、今弾最強のシスとして君臨。どんな効果よりも戦闘力5000に価値があるという結論に。
下半身とサヨナラしてからの方が強いと聞いたので、今後収録してもらえませんかね。

ジャンゴ・フェット
微妙。というか弱い。せめて消耗効果であったらなと思いました。
ベイダー卿と違い、逃亡で再利用というのもあまり美味しいとは感じません。

破滅をもたらす者、ベイダー卿
戦闘力、効果共に微妙ですが、旗艦から召喚された場合の強さは本物。
ただ、こんなものでは到底満足できないので次弾に期待。是非とも、暗黒面の素晴らしさを体現していただきたい。

グランドモフ・ターキン
なんというか、弱い。
このゲーム、ドロー効果はさほど重要でもなく、メインであるストーリー伏せの方はデメリットが大きいという。

デヴァステーター
モッティ提督で引っ張ってこれないのが残念でなりませんね。効果は非常に優秀で、ベイダー卿の強化が相乗的にこのカードの価値を高めてくれるのも○





暫くは、SR、R...と大雑把にレビューしていきデッキリストなども掲載しようと考えています。
以上、最後までお付き合いいただきありがとうございました。