FC2ブログ
カウンター
プロフィール

私

Author:私
ツナマヨおにぎりは10~15秒ほど温めて食べる人です。

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

趣味でTCGをやっている者のブログ


--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/05/14 22:00

【疑問解消】5月13日質問、同月14日回答分

お問い合わせ頂きました内容について、回答いたします。

<ご質問>
1.ジャックナイフ “サンダーストーム”に関して。
相手の場にモンスターが存在しない時、このカードの起動効果は使用可能ですか。
また、使用可能な場合、ライフ2を支払う効果のみを解決可能ですか。


<回答>
はい、使用可能です。
使用した能力は可能な限りの効果を解決するため、対象がおらず破壊はできない場合であってもライフのみ支払う効果が解決可能です。


<ご質問>
2.太陽と死の神 ブラッディ・キング
相手の場にモンスターが存在しない、または相手の場にサイズ3以上のモンスターのみが存在する時、このカードの起動効果は使用可能ですか。
また、使用可能な場合、手札を捨てる効果のみを解決可能ですか。


<回答>
はい、使用可能です。
使用した能力は可能な限りの効果を解決するため、破壊できる対象がいない場合であっても手札を捨てる効果が解決されます。


<ご質問>
3.デスルーラー グリューエンに関して。
相手の場にモンスターが存在しない、または相手の場にサイズ2以上のモンスターのみが存在する時、このカードの起動効果は使用可能ですか。
また、使用可能な場合、このカードを破壊する効果のみを解決可能ですか。


<回答>
はい、使用可能です。
使用した能力は可能な限りの効果を解決するため、破壊できる対象がいない場合であってもこのカードを破壊する効果を解決可能です。

今後とも、『フューチャーカード バディファイト』をよろしくお願いいたします。




今回は、レスポンスが早かったです。

ということで、可能なようですね。
あとは、慣れてきてから、「やっぱりできません。残念でした。」ということさえ無ければ・・・
昨年、サイズ超過処理の仕様変更でMWが弱体化したこと、私は忘れてませんよ(笑)

私が、ぱっと思い浮かぶところではドラゴニック・カウンターですが、更に使い易くなって良かったかなと。

スポンサーサイト
2015/05/13 23:00

【疑問解消】5月13日質問



以下、3つの質問に回答してください。

1.ジャックナイフ “サンダーストーム”に関して。
相手の場にモンスターが存在しない時、このカードの起動効果は使用可能ですか。
また、使用可能な場合、ライフ2を支払う効果のみを解決可能ですか。

2.太陽と死の神 ブラッディ・キング
相手の場にモンスターが存在しない、または相手の場にサイズ3以上のモンスターのみが存在する時、このカードの起動効果は使用可能ですか。
また、使用可能な場合、手札を捨てる効果のみを解決可能ですか。

3.デスルーラー グリューエンに関して。
相手の場にモンスターが存在しない、または相手の場にサイズ2以上のモンスターのみが存在する時、このカードの起動効果は使用可能ですか。
また、使用可能な場合、このカードを破壊する効果のみを解決可能ですか。




どこかに答えが載っていたような気がしないでもないのですが、再確認も面倒だったため久方振りに問い合わせました。2だけコピーペーストに失敗していましたね。

きっかけは、先日の大会終了後、隣で対戦していた者が1の要領でリッターの装備を試みていたことによります。その時は、横目で流していましたが、対象不在の場合はそもそも起動すらできなかったような気もします。
後日、回答がありましたら、その内容も掲載予定です。

2014/12/15 20:00

【疑問解消】14年11月17日質問、翌月3日回答分

何か届いていたので、一応掲載します。



 日頃より弊社製品をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。 『フューチャーカード バディファイト』事務局でございます。
回答内容に関しまして混乱を招いてしまい、申し訳ございません。
今後は、こういったことのない様に努めてまいりますので、 なにとぞご容赦いただきます様、お願いいたします。お問い合わせ頂きました内容について、回答いたします。


<ご質問>
聖護 プリデュエン、このカードに関する質問です。
以前質問した際は、このカードの効果を一つのダメージ要因に対して複数回適用することができるとの回答を頂きましたが、これも誤りですか。
例えば、連携攻撃によるダメージが6となるような場合、ゲージを6支払うことでダメージを0にすることは可能ですか。


<回答>
いいえ、不可能です。
この度は異なったルールの回答より、お客様には混乱を招いてしまい申し訳ございません。
下記の通り改めてご案内いたしますので、こちらの内容で遊んで頂きますようお願いいたします。1つのダメージに対して、能力を使用できるのは1回のみです。
ご質問いただいた例で説明いたしますと、ファイターを対象に連携攻撃6ダメージを受けるときに、装備している「聖護 プリドゥエン」の能力で2ダメージを軽減することができますが、 あくまでも「ダメージを受けるとき」を満たすのは1回になりますので、能力を使えるのは1回のみになります。なお、打撃力2、【貫通】を持っているモンスター3体で連携攻撃した場合、【貫通】によるダメージ2を3回受けることになりますので、 「君がダメージを受ける時」の度に能力を使用し、結果、ダメージを0にすることが可能です。


<ご質問>
効果分類に関する質問です。
聖護 プリデュエン、このカードの下段効果(ダメージを減殺するもの)は永続効果ということですが、 個人的には自動効果ともとれ、解りづらいです。
効果文のどこで、自動・永続を判断するのか教えてください。


<回答>
カードのテキストで能力の種類を確認します。
永続能力
・手札から使用するカードと【起動】を除く”~る時”(する時・受ける時・いる時等)の能力
・手札から使用するカードと【起動】を除く”~なら”(いるなら・あるなら・なるなら等)の能力
・手札から使用するカードと【起動】を除く”~場合”の能力

自動能力
・手札から使用するカードと永続能力と【起動】を除く”~時”(した時・された時・与えた時等)の能力


「ドラゴアーチャーの効果は永続効果だ!」などと言われたら、相手を説得する自信は私には無いです。

<ご質問>
PDFの④能力/その他に関する質問です。
●その他、防御力を持つカード には、「(防御力を持たないアイテムへは攻撃された扱いにはならず、バトルになりません。)」とあります。
これは単に、防御力を持たないアイテムはそもそも攻撃対象に選択できないため、バトルにならないという意味であって、攻撃されたファイターと攻撃してきたカードに於いては、“バトル(中)”となると解釈しています。この解釈は、誤りですか。
例えば、攻撃可能なカードで、アイテムを装備していないファイターを攻撃した場合、“バトル中”になりますか。
この時、ドラゴエナジーなどのカードは行使可能ですか。


<回答>
はい、誤りではございません。
あくまでも、防御力を持たないアイテムを攻撃の対象として選べないというものになります。
攻撃されたファイターと攻撃したきたモンスターは「バトル」になります。
ですので、「ドラゴエナジー」も使用することができます。


<ご質問>
爆殺奈落送りの術に関する質問です。
このカードの効果分類は何に当たりますか。魔王のダンジョンに関する質問です。
このカードの効果分類は何に当たりますか。


<回答>
効果分類というのは、能力の分類になりますでしょうか。
能力の分類でよろしければ、どちらも自動能力を持つ設置魔法になります。


<ご質問>
魔王のダンジョンに関する質問です。
“ターン開始時”にこのカードの効果を複数回適用することは可能ですか。


<回答>
いいえ、できません。
「魔王のダンジョン」の能力は、自動能力です。
自動能力は、条件を満たすたびに1回ずつ使用できる能力です。
複数枚設置していた場合は、置かれた枚数分能力を使うことができます。
この度は回答が遅くなってしまい、大変申し訳ございませんでした。
今後とも、『フューチャーカード バディファイト』をよろしくお願いいたします。






はい、まあ、丁度先々週の月曜に、このゲームの資産は全て処分しました・・・
ああ、でも、その代わりというわけではありませんが、MTGを始めましたよ(笑)
こちらは覚えることが多くて楽しいです。

2014/11/11 20:30

【疑問解消】2014年11月7日質問、同月11日回答分

 日頃より弊社製品をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。 『フューチャーカード バディファイト』事務局でございます。
お問い合わせ頂きました内容について、回答いたします。

<ご質問>
聖護 プリデュエン、このカードに関する質問です。
このカードに関して、以前「効果と、その処理の都合上、実質的に攻撃によるダメージ以外は減殺できないのか」という旨の質問をし、その通りであるという回答を頂きました。
しかし、先日頂いた別件の回答では、「『貫通』によるダメージも減殺が可能である」という旨を伝えられました。
これは、どちらかの回答が誤りであったのでしょうか。仮に『貫通』によるダメージも減殺が可能である場合、“霊撃”やその他ダメージを与えるカードに関しても、その効果によるダメージを減殺することはできますか。
また、その場合はどのような手順で処理を行いますか。例えば、『貫通』などによるダメージでは、ダメージ計算時まで実際にダメージが発生するか否かは不明なのですが、どのタイミングでこのカードの効果を適用することになるのでしょうか。

<回答>
この度は異なったルールの回答より、お客様には混乱を招いてしまい申し訳ございません。
下記の通り改めてご案内いたしますので、こちらの内容で遊んで頂きますようお願いいたします。「聖護 プリドゥエン」の”君がダメージを受ける時、ゲージ2を払ってよい。払ったら、そのダメージを2減らす。”能力は誘発して直後のプレイタイミングにて処理する自動能力ではなく永続能力です。
装備している時にダメージ処理が発生する場合、全ての状況でゲージの支払が可能です。





もはや、語るまい・・・





<ご質問>
爆殺奈落送りの術に関する質問です。
相手の場にソウルのあるこのカードが存在する時、自分がサウザンドレイピア・ドラゴンをコールしました。
これにより、このカードの効果が誘発しますが、その効果に対抗して、自分は大空を手に入れてを使用します。
その場合、カードの効果解決処理はどのようになりますか。
相手が、このカードのソウルを公開することを選択した場合、効果解決で参照すべきモンスターは既に場に存在しませんが、サウザンドレイピア・ドラゴンを破壊できずとも、2ダメージを与える効果は解決可能なのですか。

<回答>
はい、ダメージを与えることが可能です。
表にしたソウルのサイズと相手モンスターのサイズが同じであれば、モンスターの破壊は解決できませんが2ダメージ与えることが可能です。今後とも、『フューチャーカード バディファイト』をよろしくお願いいたします。



■ソウルの公開は効果解決時ですが、参照するのは実質的に効果起動時なのですね・・・
これも、気付いたら裁定が変わっていそうです。





プリデュエンの件により、昨日掲載した内容に一部誤りがあったことになります。
本来、私の裁量外ですが、一応この場で謝罪致しますね。

しかし、あの効果文から永続効果と読み取るのは難しくありませんか?
そうでもありませんかね?
プリデュエンに関しては、現時点では永続効果ということで概ね間違いないと思いますが、今後いつの間にか、効果分類が起動効果にすり替わっているという可能性もあります。その点ご容赦ください。こればかりは事務局の気分次第ですから、もう本当に分からないです。初期の裁定で削除されたものや、改変されたものもありますからね・・・ 
取り敢えず、プリデュエンの評価は数段落ちました。

こういった事態を恐れ、以前2度、回答責任者の姓名を明記するように指示したことがありましたが、1度目は無視、2度目は遠慮致しますと返ってきました。
それで、今回ですよ・・・
責任能力が無いから、対応も杜撰になるのでしょう?
やはり、回答者の明示は必要だと思うのですよね。
なんでしょう。やはり、上が駄目なところは下も駄目ですね。

2014/11/06 22:00

【疑問解除】2014年11月5日質問、同月6日回答分

各質問毎、■以下が私のコメントとなっております。
それ以外は、基本的に原文丸写しです。


 日頃より弊社製品をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。 『フューチャーカード バディファイト』事務局でございます。
お問い合わせ頂きました内容について、回答いたします。

<ご質問>
聖護 プリデュエン。このカードに関する質問です。
自分のセンターにモンスターAがいる時、相手が『貫通』を持ったカードでAを攻撃しました。攻撃したカードの攻撃力が、Aの防御力を上回っている場合、プリデュエンの効果で『貫通』の効果によるダメージを減殺可能ですか。

<回答>
はい、「聖護 プリドゥエン」はダメージのみを参照しているため、全てのダメージに対して発動可能です。
ダメージを減らされない「ガルガンチュア・パニッシャー!!」等に対しても発動可能ですが、ゲージを払ってもダメージは減りません。



■『貫通』も減殺可能ということで、恐らく“霊撃”も減殺可能でしょう。相も変わらず、意味が分からないくらい強いですね・・・
が、適用するタイミングが分からなくなりました。
『貫通』の効果は、ダメージ計算時に適用されるため、それすらも減殺可能ということは、同じタイミングでプリデュエンの効果も適用される可能性があるということでして・・・
こうなってきますと、攻撃によるダメージ以外も減殺できる可能性もあります。以前頂いた回答とは矛盾しますね。
要再質問。





<ご質問>
いわゆる“誘発する効果”に関する質問です。
相手の場に、ソウルのある爆殺奈落送りの術が設置されている状況で、自分が電子忍者 紫電をコールしました。
この場合、自分は、相手の爆殺奈落送りの術の効果を解決する前に、電子忍者 紫電の起動効果“サイバー・アナライズ”を使用することはできないと解釈しているのですが、これは正しいでしょうか。
“誘発する効果”は可能な限り優先的に解決される効果、という理解で合っていますか。

<回答>
はい、誘発して発動する自動能力を優先して解決します。
誘発している能力が複数ある場合はターンファイターから任意の順番で解決します。



■はい、当然の如くできませんね。
知っていると、知らないとでは、ゲームが変わってきます。
また、「誘発している能力が複数ある場合はターンファイターから任意の順番で解決します。」とありますが、厳密には、手番の効果を全て解決後に後手番の効果を解決しなければならなかったはずです。
“誘発した効果”が複数起動した場合、相手の効果を解決させてから自分の効果を解決、という処理はできません。
気になる方は、各々確認されることをお勧めします。





<ご質問>
爆殺奈落送りの術に関する質問です。
このカードに関して、以前以下の回答を頂いております。

<ご質問>
相手がモンスターをコールした際、魔法のみのソウルが入った爆殺奈落送りの術を使用して、相手に2ダメージだけを与えることは可能でしょうか。

<回答>
いいえ、できません。
表にした場合、「このカードを破壊する」以外の効果は、モンスターとソウルのサイズが一致した時にしか発揮されません。

<ご質問>
先日のバディフェスタにて、対戦者に「可能な限り解決するから、モンスターは破壊できなくてもダメージを与える効果は解決する。」と言われましたが、これは正しいのでしょうか。
先の回答から、爆殺奈落送りの術というカードの効果は、相手のモンスターを破壊できない場合、ダメージを与えることもできないと解釈していたのですが、実際のところ、正しい処理はどうなるのでしょうか。

<回答>
ダメージの解決はモンスターを破壊出来なかった場合であっても解決します。
モンスターの破壊がダメージ解決の条件ではないため、破壊がされなかった場合であってもソウルのサイズと登場したモンスターのサイズが合っていればダメージのみの解決が可能です。
魔法をソウルに入れていた場合、相手モンスターが登場した時に表にすることは可能ですがサイズが一致しないため、”登場したモンスターのサイズと同じなら、そのモンスターを破壊し、相手にダメージ2”上記の部分の効果は解決できません。
その後「爆殺奈落送りの術」を破壊します。



■いや、解りませんよ・・・
「相手モンスターが登場した時に表にすることは可能ですがサイズが一致しないため、(中略)解決できません。」、「ダメージの解決はモンスターを破壊出来なかった場合であっても解決します。」、この二つは矛盾しませんか?
「ダメージの解決はモンスターを破壊出来なかった場合であっても解決します。」とありますが、起動因子が既に存在していない状態で、何を参照して“ソウルのサイズと登場したモンスターのサイズが合っているか”を決定するのか理解できません。
奈落送りの効果は、その起動時に解決の可否を決定するということなのでしょうか?
カタナWは、このカードの処理が解りづらいことも、私が使わない理由の一つなのですよね・・・
具体例を添え、要再質問。





<ご質問>
“ヒット”の定義に関する質問です。
手元のPDFには、「攻撃したカードの攻撃力が、攻撃されたモンスターの防御力以上なら、攻撃はヒットし、(以下略)」とあります。
また、同PDFに記載された『貫通』の説明には、「『貫通』を持つカードの攻撃が相手センターのモンスターにヒットした時、打撃力分だけ相手ファイターにダメージを与えます。(以下略)」とあります。
これはつまり、『貫通』によるダメージの適用には、戦闘による相手モンスターの破壊の可否は問わないということであると解釈していますが、この認識で問題ありませんか。
攻撃側の攻撃力が、防御側の防御力を上回ってさえいれば、『貫通』によるダメージは成立しますか。

<回答>
いいえ、センターの相手モンスターを破壊したことで『貫通』は発動します。
詳細なルールにて”ヒットした時”と記載があったため、混乱を招いてしまい申し訳ございません。
今後とも、『フューチャーカード バディファイト』をよろしくお願いいたします。



■ これは、正しくはセンターの相手モンスターを、“破壊した”ではなく、“破壊する”ですよね?
表現がおかしくはありませんか?
まあ、取り敢えず、ルール整備に際して『貫通』の効果が補正されたというわけではないようですね。
分かりづらい・・・
昔の「破壊した場合、Xダメージ!」という表現で良かったものを、何故修正したのでしょう・・・





今回は以上です。
読点が少なく、見づらかった・・・

明日は、レジェンドWのリストを掲載予定です。
「それって、火曜日に完成していたのでは?」という指摘は勘弁してください(笑)
調整などもありますからね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。